不動産投資で収益物件を所有するメリット

不動産投資と聞いてどんなイメージを持つでしょうか?
「あやしい」「だまされる」といった悪いイメージを持つ人もいるかもしれません。しかし、収益物件が持つメリットはとても大きいものがあります。
例えば、東京都内にワンルームマンションを保有し、入居者がいれば毎月5から8万円ぐらいの安定収入が見込めます。
ですから、あなたが仕事をしていても遊んでいても、寝ていてもその収益物件はずっと家賃という形であなたに安定収入をもたらしてくれるのです。

不動産投資のいいところは融資を利用できるところです。
1,500万の物件を購入するときに、頭金として数百万あれば銀行からの融資を利用して購入することができます。
そして、入居者からもらう家賃から融資の返済を行うことができます。あなたが会社員であれば融資してもらえる確率は高いでしょう。
自営業者に比べて、毎月安定した給与収入がある会社員は金融機関からの信用が高いからです。

手間がかからないのも不動産投資の魅力の一つです。
株式やFXなどは常に値動きを気にしなくてはなりません。しかし、毎月の家賃収入を目的とする不動産投資であれば、日々の値動きに一喜一憂する必要はありません。
ですから、入居者がいる限り毎月安定して収入をもたらしてくれます。管理会社に管理をお願いすれば、オーナーのやることはほとんどありません。
物件購入時と確定申告に少し手間がかかるぐらいです。

不動産という収益物件をもつメリットは計り知れません。
あなたも不動産投資で給与以外の収入を手に入れてみてはいかがでしょうか。