副業としての不動産投資で、収益物件を保有する

不動産投資は本業のある会社員でも始めることのできる投資です。
資金も100%自己資金ではなくても銀行から借り入れて始められますので、自己資金の何倍もの運用をすることができます。

収益物件を購入して保有することで、安定した収入が得られると人気も高くなってきています。
購入の際に銀行などから資金を借り入れて購入したとしても、家賃収入から収益物件のローンの支払いをすることが出来ます。

空室リスクはもちろん不動産投資にはつきものではありますが、それにはまず収益物件の見定めも必要になってきます。
その際にいきなりマンション一棟や一戸建てなどの投資は初心者には少しハードルが高いものです。
万一の時にはローンを自腹で払っていくということも理解した上で投資すべきですので、マンション一室などからスタートするのが理想的です。

管理自体も管理会社などに依頼をすることも出来ますが、まずは小さくコストを抑えて運用をしたいのでしたら、管理しやすい自宅の近隣の物件から選ぶことがベストです。
軌道に乗ってきたら収益物件を増やしたり、値上がりした時には売却してもっと大きな物件を購入するということも検討していきます。
物件数が増えてきたら、管理会社に管理を依頼していくことも良いでしょう。